北上!マレー鉄道の旅 旅のコラム  旅行記  ゲストブック  ホーム  
  北半球ぐるっと走り抜け記 初のひとり旅 南紀トロッコ列車の旅  
 
BANGKOK●終着駅
top
introduce
visit
photo

フォアラポーン駅
車は、民家の軒先をかすめながらゆっくりと進んでいる。ここを時速100kmで走り抜ければ、小屋は吹っ飛ばされるだろうし、人も飛ばしかねないだろう。まもなくフォアラポーン駅へ到着するという車内放送がながれる。これにてマレー鉄道も終わりだと思うとなんとなく寂しい。列車は、そんなことお構いなしにゴトゴトと走る。

 ホームが見えた。列車は、ガタンと大きな音を立てて止まった。乗客は、めいめいの大きな荷物を抱えそそくさと列車から降りてゆく。そんな乗客を見ながら、座席に座り余韻に浸っている。このまま、マレーシアに戻りたい気分。結局最後に列車を降りる。列車では、もう片づけ作業が行われている。名残り惜しんでいるのは、自分だけかとふと寂しくなる。

 シンガポールから始まり、マレーシアへも列車で入国。それから、列車とバスを乗り継いぎ、バタワースから寝台列車でタイへ。イースタンオリエント急行にも出会うことができた。いろいろな思い出と出会いがいっぱい詰まったマレー鉄道の旅もこれにておしまい。

さぁ、バンコクでも食べまくり、飲みまくりといきますか。。