北上!マレー鉄道の旅 旅のコラム  旅行記  ゲストブック  ホーム  
  北半球ぐるっと走り抜け記 初のひとり旅 南紀トロッコ列車の旅  
 
IPOH●部屋の鍵
top
introduce
visit
photo
MAJESTIC HOTEL
ちょっと豪華なマジェスティックホテル

ェックインを済ませ部屋へ急ぐ。早く重たい荷物と暑さから開放されたい。汗まみれのシャツを脱ぎパンツ姿になる。そのまま隣のシャワー室へ。部屋とエントランスを仕切るドアをパタンと閉めて、はたと気がついた。「部屋の中のドアもオートロック」だった。鍵は、奥の部屋に置いたまま。ドアをガタガタとゆすっても鍵は開くはずもなく。。。

フロントに行って鍵を開けてもらうしかないようだ。恥ずかしいが、パンツ姿でフロントに向かう。フロント係に事情を説明していると後ろから「セクシーボーイ」という声が響く。初老のアメリカ人が、うれしそうに騒いでいる。(後からの話だが、タイピン行きを勧めたおじさんだった)。挙げ句の果てには「裸で歩くとが好きなのか?」と茶化され、少し恥ずかしくなった。鍵を持ったベッドメイクのおばさんに部屋の鍵を開けてもらい、事なきを得る。ふぅ。

ROOM MAP
問題の部屋

初めて部屋に入るときは、服を着て下調べをしよう(迷言)