北上!マレー鉄道の旅 旅のコラム  旅行記  ゲストブック  ホーム  
  北半球ぐるっと走り抜け記 初のひとり旅 南紀トロッコ列車の旅  
 
●タクシーのおやじ
top
introduce
visit
photo

距離バスに乗るために、バスターミナルへ行かなければならなかった。地図で確認すると5kmぐらいの距離。歩いて行くには距離があり過ぎるので、タクシーに乗ることにする。タクシーに乗り、「バス・ステーション」と行き先を告げる。タクシーは走り出す。インド系おやじ(運転手)は、タクシーメーターがあるにも関わらずメーターを倒そうとしない。「メーター、メーター」とメーターを倒すように催促(どういう英語じゃ)する。おやじはメーターをがちゃがちゃ動かし「このメーターは、壊れている。」やばい、ぼったくり吉か?
BUS STATION
長距離バスステーション

5分ぐらい走っただろうか。バスターミナル到着。「いくら?」「6RMだ。」両替したばかりだったので大きなお札しかない。おやじは、少し困った顔をしたが、あちこちのタクシーに細かく出来ないかと聞いて周り、あげくの果てにはバスのチケット売り場まで行きお釣りを作ってくれた。ぼったくりおやじと疑ったりしてごめんよぉ。
しかし、おやじが渡したお釣りには、いかにもチップよこせといわぬばかりに小銭が混じっていた。

最後に心ばかりのチップを渡した。。。