北上!マレー鉄道の旅 旅のコラム  旅行記  ゲストブック  ホーム  
  北半球ぐるっと走り抜け記 初のひとり旅 南紀トロッコ列車の旅  
 
SINGAPOLE●シンガポール駅
top
introduce
visit
photo
SINGAPOLE STATION
シンガポール駅

明するまでもないが、マレー半島の先端にある小さい島国シンガポール。その街の片隅にKTMのシンガポール駅はある。列車の本数も少なく、MRT(地下鉄)からもかなり離れているからだろうか、駅の周りには人気がない。ただ、通りを走る車の音だけが騒がしく聞こえるだけ。駅には「Welcome MALAYSIA」と書かれている。そう、KTMはマレーシア領なのだ。そのためシンガポール駅のホームでマレーシア入国手続きを行なう。

特急、急行、寝台などの切符と違い3等車しかない普通列車の切符は、当日購入しなければならない。出発時間の30分ほど前にもかかわらず、切符を買う人で窓口は長蛇の列。3つの窓口が開いて対応しているが、ひとりの対応時間が結構長い。かなりのんびりしているようだが、いらいらして待っている人もいない。床も天井から落ちてくる水滴で濡れている。なんとも平和でのどかな光景。

SINGAPOLE STATION
シンガポール駅構内
列車は、最初の停車駅に到着。乗客が一斉に降りはじめる。一体なにが起こったのだろう。唖然としながらもホームを見て状況を把握したのであった。イミグレーション。。。ここでシンガポール出国となる。手続きを済ませ列車に戻るとさっきまで隣で立っていた2人が座席にいるではないか。このどさくさで席をうまく確保したのだろう。

さっきののどかな光景は、どこかへいってしまった。。