北半球ぐるっと走り抜け記 旅のコラム  旅行記  ゲストブック  ホーム  
  初のひとり旅 北上!マレー鉄道の旅 南紀トロッコ列車の旅  
 
アメリカ
ドイツ
ユーロスター
インド

再びドレスデン

1996/09/16

<<

 ラーデブルグを後にし、ドレスデン中央駅へ戻る。目的もなくただ往復しただけじゃないかとかそんなことをしにわざわざドイツへ行ったのかと思われるかもしれないが、そんなことは気にしない。SLに乗れてたことに大満足。

 次の目的地へすぐに向かうのも面白くないので、ドレスデン市内を観光する事にする。中央駅を出ると、目の前にはたくさんのトラム(路面電車)がいる。しかも、路線がこの駅前からあちこちに伸びていて、面白そうだから、トラムに乗る事にする。「また、電車か」という声が聞こえてきそうだ(笑)

 試しに1時間だけ乗り放題の切符を買うことにする。中央駅前にある案内所兼切符売り場の窓口へ行き、購入する。ついでにトラムの路線図をもらおう。ドイツ語で「路線図」を何と言うか分からなかったが、運よく路線図らしいものを見つけ、それを指さしながら「くれ、くれ」手で合図してみる。案内所の女性もそれが欲しいことを理解してくれたようで、路線図を手渡してくれた。受け取った後は、路線図を手に持ち笑顔で答えた。

近くにいたトラムに飛び乗る。トラムの中で路線図を広げて見る。トラムは、四方八方に伸びておりこれを乗り切ることは、大変そうだ。1時間乗れるだけ乗ってみよう。トラムの窓から街の景色をぼーっと見ているとマルクト広場にテントが張られている。何かフェストだろうか。シカゴといい、今回の旅ではフェストによく遭遇する。さっそく、トラムを下りてマルクト広場へ向かう。とにかく、ビールとヴィルスト(ソーセージ)だ。

これで、短かったトラムの旅は、これで終わり。。

>>