北半球ぐるっと走り抜け記 旅のコラム  旅行記  ゲストブック  ホーム  
  初のひとり旅 北上!マレー鉄道の旅 南紀トロッコ列車の旅  
 
アメリカ
ドイツ
ユーロスター
インド

Zittau

1996/09/16

<<

 マルクト広場で、ビールを飲んでヴィルスト食べて。。ここで、のんびりしていたいが、そういう訳にもいかなかった。今日の宿泊地であるツィッタウへ向かわないとツィッタウ到着が夜遅くなってしまう。

黒ビールとヴルスト トラムに乗ってドレスデン中央駅へ戻る。ツィッタウ行きの列車は、ドレスデン・ノイシュタット駅から出ているので、Sバーンを使ってドレスデン・ノイシュタット駅まで戻る。ドレスデン・ノイシュタット駅に着くと朝にコインロッカーへ預けた荷物を取りだす。荷物を持ってうろうろしたくないので、事前に調べておいた。旅のお供にと、駅のキオスクで缶ビールと小さいパンがついているヴィルストを買い、とりあえずツィッタウ方面の列車へ飛び乗った。

 列車は、ドレスデン・ノイシュタット駅を出て南へ向かう。しばらくすると路盤工事をしている区間にさしかかる。複線の片側1路線を砂利から新しいものに入れ替える工事をしている。そのうちこの路線にもICEが通るのかもしれない。列車は、なにもない平原の中を走る。車窓に変化がないので、退屈で仕方がない。水蒸気をボワーっと吹き出している巨大な火力発電所と高圧線だけが、退屈な車窓を紛らわしてくれる。この退屈な列車旅は、またまだ続くのである。トーマスクック時刻表を開き、ツィッタウまでの所用時間を調べる。時刻表は、暇潰しにはもってこいの本である。所要時間的には、そろそろツィッタウに着いてもよはずなのだが、まだ列車の中だ。

 やがて列車は、大きな駅に到着した。乗客のほとんどが列車から降りていく。大きな駅だから下りる人もたくさんいるのだろう。すると車掌がやってきて「ここが終点だよ(たぶん)」と私に告げる。

「え???」頭の中が真っ白になる。

 列車を乗り間違えたのだろうか。出発駅のドレスデンで、列車の横に付いている行き先表示板を見て、ツィッタウ行きの列車であることを確認して乗り込んだはずだ。なぜだろう。この車内で悩んでいても仕方がない。ひとまず列車から降りる。日も高く時間があるので、ここからツィッタウへ向ってみることにする。ホームにいた女性の駅員さんらしき人にツィッタウへの行き方を尋ねる。ここは、Zgorzelecという街。ひとつの列車が途中から分かれ、私はZgorzelec行きの列車に乗っていたのであった。気を取り直して、駅員さんにいわれた通り、ツィッタウ行きの列車に乗る。

>>