北半球ぐるっと走り抜け記 旅のコラム  旅行記  ゲストブック  ホーム  
  旅先で麦酒を見つけた   
 

各国ビール事情 メキシコ編

メキシコにて

本当は。。
猫舌?
ピンクのワゴン
記念写真
各国ビール事情 メキシコ編
ビンボウパン
シュパーゲル
各国ビール事情 マレーシア編
屋台
サボテンと靴
ドリアン
極楽ジュース天国
トイレ事情
公園

ミチラーダ メキシコは、ビールの国だ。いや、そんなことはないテキーラの国だ。と思うかも知れない。日本でのメキシコ産ビールの代表格は、「細く切ったレモンを瓶から入れ、ビールはコップに注がずラッパ飲みするコロナ」である。

 では、どうしてビールの国かというと、メキシコビールの銘柄は、ドス・エキス、スーペリオール、テカテ、ソル、ボヘミア、ネグロモデロ、モンテホなどがある。全国的に流通していないローカルなものもあるので、種類はもう少し増える。期間限定のノチェブエナというビールもあったり、種類は豊富だ。そう、メキシコのビールは、コロナだけではないのだ。

 種類の多さもさることながら、ビール飲みかたが、ビールの国と言えるゆえんである。ビールをコップに注いで飲むのは、ごく普通の飲み方だ。ビールにレモンを搾って飲む飲み方は、有名。飲み口にレモン汁を混ぜた塩を塗り、底1cmぐらいにサルサを入れたコップにビールを注ぐのだ。メキシコの味オンパレードである。しかし、飲んでみるとビールの味がせず、なにを飲んでいるのかさっぱりわからない。ビール純正法のあるドイツ人が見たら、なんて思うだろうか。