北半球ぐるっと走り抜け記 旅のコラム  旅行記  ゲストブック  ホーム  
  旅先で麦酒を見つけた   
 

本当は。。

メキシコにて

本当は。。
猫舌?
ピンクのワゴン
記念写真
各国ビール事情 メキシコ編
ビンボウパン
シュパーゲル
各国ビール事情 マレーシア編
屋台
サボテンと靴
ドリアン
極楽ジュース天国
トイレ事情
公園

 メキシコの小さな街で開かれているのみの市へ出かけたときの話です。街の一角に、日用品や食料品、飲み物やタコスなどの食べ物を売っている店などたくさんの屋台が並んでいる。たくさんの人たちが、その屋台と屋台の間をぬうように歩いてゆく。そんな人込みに混じって屋台をのぞいていると杖つき弱々しそうなおばあさんが、私の方へすっと手を差し出してきた。そう、お金を恵んで欲しいのだ。その手にお金を乗せると私の目の前から消えた。もらうものをもらってどこかへ行ってしまったようだ。

市場の風景 そのまま歩いているとまた手が出てきた。さっきのおばあさんだ。おばあさんも同じ人に手を出したことに気がついたらしく、バツが悪そうにしながら、人込みの中へ消えていった。

 おばあさんは、自分を追越して、先回りしたことになる。手に持っていた杖は何だったのだろうか。でも、憎めないから不思議である。