北半球ぐるっと走り抜け記 旅のコラム  旅行記  ゲストブック  ホーム  
  旅先で麦酒を見つけた   
 

各国ビール事情 マレーシア編

マレーシアにて

本当は。。
猫舌?
ピンクのワゴン
記念写真
各国ビール事情 メキシコ編
ビンボウパン
シュパーゲル
各国ビール事情 マレーシア編
屋台
サボテンと靴
ドリアン
極楽ジュース天国
トイレ事情
公園

 イスラム教の信仰の盛んなマレーシアでは、ビールを飲むにも一苦労する。アルコールは、イスラム教にとってご法度なものだからだ。マレー料理屋では、ビールなどのアルコール類は一切置いていない。メニューにあるドリンクは、ジュースなどのソフトドリンクだけ。

 では、マレーシアでビールが飲みたいときは??

 答えは簡単!中華料理屋へ行けばよいのだ。マレーシアには華人も多いので、大抵の街にはあるはずです。しかし、日本のように店の前に「ビールあります」なんていう宣伝はないものの、店に入ってビールを注文すれば店の奥にある冷蔵庫から冷えたビールを持ってきてくれる。ビールの種類は、タイガー(シンガポール)やシンハー(タイ)の近隣諸国のメジャーな銘柄とハイネケン(オランダ)、カールスバーグなど。ハイネケンは、輸入物ではなくマレーシア国内の工場で生産されている。中華料理屋には、焼き豚などビールのつまみになるものがいろいろとあり、ますますビールを美味しくしてくれる。カールスバーグと甘辛い焼豚

 もう一つの答えは、スーパーで買うこと。マレー系のスーパーには行ったことないので、詳しいことは判らないが、中国系のスーパーであれば、問題なくビールを買うことができる。ビールはあっても、冷えたものが売ってないとかスーパーのすみっこに置かれていて見つけにくいなど、問題もあるが全くなくて困るということはない。やはり、暑い国では、冷えたビールを一気に飲み干したい! イポーのバスターミナル近くにある酒屋には、ウイスキーとか養命酒に似た味のお酒などが置いてある。イポーに立ち寄った時は、覗いてみてください。