北半球ぐるっと走り抜け記 旅のコラム  旅行記  ゲストブック  ホーム  
  旅先で麦酒を見つけた   
 

シュパーゲル

ドイツにて

本当は。。
猫舌?
ピンクのワゴン
記念写真
各国ビール事情 メキシコ編
ビンボウパン
シュパーゲル
各国ビール事情 マレーシア編
屋台
サボテンと靴
ドリアン
極楽ジュース天国
トイレ事情
公園

 ドイツ名物と言えば、ビール、ソーセージ、ジャガイモ。

添え物としてのシュパーゲル これにどうしても加えたいものがある。それは、シュパーゲル。白アスパラのこと。シュパーゲルは、初夏にだけ出回るいわゆる季節物。ドイツ人もこのシュパーゲルを心待ちしているのだ。

店先に貼られたシュパーゲル レストランには、この時期だけのシュパーゲルメニューが登場する。なかには、シュパーゲルのイラストを入れた大きなメニューを店先に貼っているレストランさえある。メニューの多くは、シュパーゲル添えみないなものだが、中にはシュパーゲル単品なんてのもある。溶かしバターのソースをたっぷりかけて食べるのが一般的な食べ方のようだ。日本のアスパラとは違いシュパーゲルは、太くて長いので食べごたえがある。美味しいからつい食べてしまうが、5〜6本も食べるとお腹がふくれてくる。美味しいものを食べた充実感もあるかもしれない。